コーヒー&バニラ:3杯目・初お泊まり&xxx 「軽井沢での3杯目」

cb1

 

コーヒー&バニラ:3杯目・初お泊まり&xxx

 

軽井沢での3杯目

 

リサちゃんが目を覚ますと

そこは深見さんの軽井沢の別荘でした。

しかも、ベッドの上です。

 

リサちゃん、またやっちゃいました。

 

別荘に向かう途中、

軽井沢のレストランで

ワインを飲んで泥酔、

すっかり眠ってしまったのです。

 

それでも優しい深見さん、

リサちゃんが

可愛くて仕方がない笑顔。

 

 

「リサちゃんが好きでたまらない、深見さん」

が好きになってしまいそうです。

 

 

朱神先生、それ狙いなんでしょうか。

ついそう思ってしまいます。

 

ベランダに出て星空を眺める二人、

ふいに深見さんの背中を

抱きしめたくなるリサちゃん。

 

それを察した深見さんは、

「おいで」

と両手を差し伸べます。

 

「ぎゅううう」

 

という文字効果がはいるほどのハグをへて、

リサちゃんは深見さんのことを

宏斗(ひろと)さん

と名前で呼ぶ事になりました。

 

 

深見さん改め、

宏斗さんからは、

名前で読んでくれたことへのご褒美のキスです。

 

すっかり夜もふけ、2人はベッドで寝ることに。

 

軽井沢に来てからというもの

初Hをことあるごとに

意識していたリサちゃんは、

何も無いことが不安になってきます。

 

宏斗さんの袖を握って、

 

「まだ寝たくない…です」

 

と一生懸命に伝えるリサちゃん。

 

そして

「もう寝かせてあげられないよ?」

とキスで答える宏斗さん。

 

このあとの展開は、ご想像の通りです。

愛を確かめあう二人、

ラブラブ具合に大団円を感じてしまいました。

 

サイト内で コーヒー&バニラ を検索して下さい。
▼▼▼
無料試し読み ⇒コーヒー&バニラ


⇒コーヒー&バニラ:4杯目・初デート&エスパー

⇒コーヒー&バニラ:2杯目・ビター&コール


 

スポンサーリンク

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

このページの先頭へ