ココロ・ボタン 第10巻44話 ネタバレ 無料試し読み

WS000220

 

【海辺のウソ44話】

 

立ち尽くす新奈ちゃんを見つけた古閑くんは、

何かあったの?

と彼女に聞きますが、

新奈ちゃんは、ただ首を振るばかり。

 

結局、新奈ちゃんは、

何があったのかを

古閑くんに話すことはできませんでした。

そして、速水さんに対して、

彼の気持ちにどう答えていいのか

わからないと強く感じるのでした。

 

バイトで店先でケーキを売っている

新奈ちゃんのもとに、

環さんが訪ねてきます。

 

話を聞くと、速水さんが無断でバイトを休み

連絡がつかないといいます。

新奈ちゃんと古閑くんが

昨日イルミネーションイベントに

来ているのを見かけた環さんは、

速水さんとの間に何かあったのではと考え、

聞きに来たよう。

 

何も答えない新奈ちゃんに、

環さんもつい語気が強くなってしまいます。

そこに割って入ったのは、

古閑くんでした。

 

バイト帰り、古閑くんと二人で話をしますが、

古閑くんと速水さんが友達であることを考えると、

どうしても新奈ちゃんは

何があったのかを言うことができません。

涙を流しながら、口をつぐむ彼女を見て、

古閑くんは彼女を抱きしめながら、

新奈を不安にさせるようなことは

起こさせないと彼女を安心させるのでした。

 

この古閑くんの男らしさが

かっこよくって仕方ないですね。

 

WS000211

 

海辺の道を歩く速水さんの前には、

古閑くんの姿ありました。

古閑くんのいつも通りの姿に、

どこか気まずさを感じる速水さん。

 

新奈ちゃんから、

何があったのか聞いたのかと尋ねる速水さんに、

そうではないという古閑くん、

しかし具体的に何かあったのかを聞くと

冷静な判断ができなくなりそうだから、

と語る彼からは、静かな怒りを感じます。

 

速水さんは、彼女が自分を振り向いて

くれるはずがないことをわかっていて、

新奈ちゃんをどうするつもりもない、

けれど、友人の恋人が好きになってしまった自分は、

もう古閑くんの友達でいることは

できないと考えていました。

もちろんそれが普通なのでしょうが、

古閑くんはそれを許しません。

古閑くんは、新奈ちゃんも速水さんも

失いたくなかったのです。

 

速水さんはの心のうちもそうでした。

腹を割って話す二人に、

もうわだかまりはありませんでした。

そして、新奈ちゃんを悲しませないために、

古閑くんは速水さんに

ウソをつくことにしないかと提案をします。

それが一体どんな提案だなのか、

 

続きは次回です。
サイト内で ココロボタン を検索して下さい。
▼▼▼
無料試し読み ⇒ココロ・ボタン


ココロ・ボタン:第45話

ココロ・ボタン:第43話


 

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ