ココロ・ボタン 第8巻 番外編【とまりん】 ネタバレ 試し読み

WS000218

 

番外編【とまりん】

「おまけページが、たくさんあるから」ということで、

著作の宇佐美真紀先生が、

自分が飼っている鳥さん達を

4コマ漫画で紹介してくれています。

 

宇佐美先生は3匹の鳥を飼っているようです。

それぞれの鳥に名前がついており、

コザクラインコの「もも」

コザクラインコでゴールデンチェリーの「ゆず」、

オカメインコの「小梅」です。

 

3歳のももは、「穴もぐり」が得意で、

鳥かごの中につらさげている筒をくぐって、

出てくるときに、ドヤ顔するとのこと。

家に干してある洗濯物の中も、

くぐろうとしている姿に、

読んでいて、思わず笑みがこぼれてしまいました。

ドヤ顔のイラストも星が飛んでいて、

とっても可愛いです。

 

WS000211

 

2ヶ月のゆずは、怖いもの知らずだけれど、

ちょっかいを出しに行って、

返り討ちされると、

途端に被害者のような反応をする子のよう。

ゆずの様子が、

コミカルに描かれています。

 

他にも、初めて水を見せた時の反応が描かれており、

ゆずの性格がうかがい知れます。

 

小梅も、ゆずと同じでまだ2ヶ月のヒナ鳥なので、

後頭部に毛が生えていない様子。

それを見た宇佐美先生のお父さんが、

「まだ勝ってる」

とハゲ具合を気にしているようです。

お父さんの着眼点、面白いですね。

それぞれの鳥の個性がわかるように描かれた物語は、

どれも鳥たちへの愛を感じるもの。

 

「鳥を飼ってみたいな」

と思ってしまうこと、請け合いです。

 

サイト内を ココロボタン を検索して下さい。
▼▼▼
無料試し読み ⇒ココロ・ボタン


ココロ・ボタン:第38話

ココロ・ボタン:番外編


スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ