私がモテてどうすんだ:第34話:ネタバレ 3月3日

 

【誕生日おめでとう34話】

 

花依ちゃんは、志麻ちゃんから

 

「ほしいものを5つまで書いて

机の中に入れておくとゲットできる」

 

おまじないを教えてもらい、

早速実践。

 

叶うといいななんて

笑顔で言う花依ちゃん。

 

しかし、そんなおまじない、

叶うなんて到底思えないもの。

 

それもそのはず、

志麻ちゃんはじめ

花依ちゃん大好き同盟の

5人の作戦でした。

 

放課後、花依ちゃんが書いた

用紙を見ながら

みんなで会議が始まります。

どうやら3月3日の

誕生日にプレゼントが、

かぶらないようにするために、

5人で花依ちゃんのほしいものを

割り振ろう、とういうもののよう。

 

志麻ちゃんは同人誌、

七島くんはレアガチャポンのおもちゃ、

六見くんはご当地パン、

四ノ宮くんは当選シリアスナンバー、

五十嵐くんは、ヒヒイロカネの首飾り

という割り振りに決定。

もちろん、全て花依ちゃんが

大好きな作品「かちゅらぶ」の、

という言葉が頭につきます。

五十嵐くんを除く4人は

地道な入手活動を経て、

なんとかプレゼントをゲット。

 

花依ちゃんの誕生日当日、

お誕生日会をひらいて、

プレゼントを贈ると

彼女は喜びの涙を流して、

みんなへ感謝を贈るのでした。

 

花依ちゃんが家に着いて

ゆっくりしていると、

五十嵐くんが訪ねてきます。

 

 

プレゼントを用意できなかった

埋め合わせに海辺の綺麗な夜景を

一緒に歩きながら、

ハートの可愛いネックレスを贈ります。

 

かちゅらぶのヒヒイロカネの首飾りなんて

手に入るはずないですから、

仕方ないですよね。

 

そして、五十嵐くんはネックレスを

花依ちゃんの首に付けてあげると、

彼女を後ろからギュッと抱きしめ、

「本当に好きなんだ」と。

 

ふたりの唇が重なりそうになると、

それに耐えられず花依ちゃんは

五十嵐くんを突き飛ばしてしまいます。

五十嵐くんはスキンシップの

レベルを上げすぎたねと、

彼女の手を握ろうとすると

 

「祐輔くん?」

 

という声がして・・・

次回です。

 

サイトで 私がモテてどうすんだ を検索して下さい
▼▼▼
無料試し読み ⇒私がモテてどうすんだ


⇒私がモテてどうすんだ:第35話

⇒私がモテてどうすんだ:第33話


 

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ