私がモテてどうすんだ:第32話:四ノ宮隼人の決断

私がモテてどうすんだ8

 

私がモテてどうすんだ:第32話:四ノ宮隼人の決断

 

四ノ宮くんのともだち第32話

 

サバサバと

みんなに別れを告げる四ノ宮くん、

とても悲しい感じがします。

「好きなものを否定されるつらさは

良くわかっているはずなのに」

と花依ちゃん。

 

志麻ちゃんから

「自分たちが初めての友達だ」

ということを

四ノ宮くんの家族からきいたと話が出ます。

 

みんなもこれだけわいわい

仲良くしてきたんですもの、

いきなりの別れは寂しいですよね。

 

七島くんからも

 

「もうつながっちまってんだよ!

簡単に切れると思ってんじゃねーぞ!

ドアホ!!」

 

と言葉が出て、

四ノ宮くんの目に涙が浮かびます。

このままの別れにならなくてよかった

と思っていると、

グリーンイグアナのトールが家から逃亡。

見つけてきたのは

 

両生類が大嫌いな

花依ちゃんでした。

 

花依ちゃん頑張った!

そんな花依ちゃんに

改めてこのメンバーと

一緒にいたいと思う四ノ宮くん、

 

家族と分かれて

生活することを決めました。

 

本当によかったです。

 

しかし、

 

ラスト電柱の陰に謎の人物が!

「姫・・・」という言葉を残して、

続きは次回です。

 

⇒DMM電子書籍へ

私がモテてどうすんだ で検索してください


⇒第31話:先輩と一緒にはいられない


 

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

このページの先頭へ