私がモテてどうすんだ:第16話:僕が彼女を守るんだ

私がモテてどうすんだ4

 

私がモテてどうすんだ:第16話:僕が彼女を守るんだ

 

決意の四ノ宮くんの 第16話です

 

逃亡後、

森の中をさまよいながら、

自分がここに来たことに

後悔をする四ノ宮くん。

 

「かわいそう!」の一言で、

四ノ宮くんを捜すべく

森の中に入っていく花依ちゃん、

それに続くメンバー4人です。

 

こんな時の花依ちゃん、

りりしいこと(笑)

 

根拠のない自信も

彼女の性格の一つかもしれません。

 

渡っていた丸太橋の

ロープが切れるという

アクシゼントの発生により、

 

一人で四ノ宮くんの

声がする方向に走っていく

花依ちゃんが

見つけたのは

触手 × 美少年の四ノ宮くんでした。

 

15話で萌えイラストが

あまりなかったせいか、

なんだか久しぶりの

いいイラストに

「ごちそうさまです(笑)」

 

雨が降り出し、

雨宿りのために

近くにあった廃ビルへ入る

花依ちゃんと四ノ宮くん。

 

「大丈夫!」

そういう花依ちゃんの

手が震えていることに気づきます。

 

精一杯の表情を作って

「先輩は僕が守ります!!」

・・・・いつも一生懸命な四ノ宮くん、

 

彼を見ていると

純粋少年すぎて

可愛ささえ感じてしまいます。

⇒DMM電子書籍へ

私がモテてどうすんだ で検索してください


⇒第17話:宝の地図

⇒第15話:僕の出番


 

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

このページの先頭へ