社長とあんあん 第2巻.ふたつめの朝 Sweet10 ネタバレ

sanan2

↑まんが王国 社長とあんあん で検索してください

 

社長とあんあん 第2巻.ふたつめの朝 Sweet10

 

《 パーティーの10話 》

 

社長に「愛している」を言われても、

なんだかくすぐったい

ウソのような気持ちになる杏ちゃん。

 

どうしても不安が拭い去れません。

 

ある日のこと、

 

会社の廊下で許嫁のお嬢様と

影藤さんとすれ違いざまに声を掛けられて、

パーティーに誘われてる

展開になってしまいました。

 

スポンサーの娘という

許嫁さんの言葉、

むろん断ることはできません。

 

こんな時、

 

改めて社長と自分との

距離を感じてしまう杏ちゃんでした。

 

パーティーに出席してみるとと、

そこは社長と婚約者である小泉家の

婚約パーティーでした。

 

思いもよらなかったことへのショックが、

杏ちゃんを襲います。

それでもスポンサーである

許嫁の小泉さんが、

機嫌を損ねると

 

「会社がかたむく」

 

ことを知っていた杏ちゃんは、

小泉さんへ

「おめでとうございます」

の言葉を何とか絞り出し、

深くお辞儀をすると

その場から

逃げるように立ち去るのでした。

 

小泉さん、

なかなか見せつけてくれますね。

でも、

同時に

彼女の杏ちゃんに対する

余裕のなさも感じます。

 

 

WS000133

 

 

杏ちゃんを追いかけてきたのは、

影藤さんでした。

ショックのあまり泣きながら

自分の思いを叫ぶ杏ちゃんを

ぎゅっと力強く引き寄せ、

 

「自分を卑下する恋なんかするなよ」

「僕をみろよ」

 

と杏ちゃんを鎮めるように

言葉に思いを込めて伝えます。

 

影藤さん、

登場の仕方がいきなりだったので、

どんな人かと思えば、

ちゃんと杏ちゃんを大切に

思っているいい人じゃないですか。

 

杏ちゃんと影藤さんが唇を重ねて、

今話のラストです。

これは、

社長になかなかの強敵現るですね。

 

⇒まんが王国
社長とあんあん で検索してください


⇒社長とあんあん 第3巻.3つめのキス Sweet11

⇒社長とあんあん 第2巻.ふたつめの朝 Sweet9


 

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ