愚者の皮:第9回 あよの誇り

 

《 その先にあるもの9回 》

 

怪しげな男性達に、追われるあよさん。

 

助けを求めようと英馬さんが働くピザ屋に電話してみましたが、

 

「化粧を落として素顔をさらせば、

お前を追いかけてくる男なんでいないから、そうしろ」

 

と言われてしまいました。

 

少しショックを受けながらも、

変化が始まって、美しいあよさんになる前に、

それをしなければ意味はない。

 

しかし、それは、自分を貶めて許しを請うことと同じで、

あよさんにとっては、

 

「自分のこの顔のままで英馬さんに愛されること」

 

を諦めることにあたりました。

 

 

追ってきていた男性は3人、

マスクをしていますが、学生のようで、

あよさんが思ったよりも年齢が若い様子。

 

相手が、3人であることに漬け込むスキがあると感じた彼女は、

抱かれるなら1人ずつ、

そして3人のうちで絶対に抱かれたくない人がいるから、

その人は絶対に最後にしてほしい、

そうしなければ、自殺を図るか、

相手ののどぼとけを噛み砕く、と伝えます。

 

 

3人の話し合いからリーダーを探し出し、

心を折ろうとしたあよさんの作戦、

時間稼ぎにはなりましたが、失敗。

 

あよさんはリーダーのウッチーと呼ばれる青年に、

地面に組み伏せられてしまいます。

 

青年が、女性を襲って強姦しようとしたのは、

自分のSEXが下手で、

彼女を満足させられなかったからだといいます。

そのことにショックを受けてた青年に対して、

 

「彼女には、あなたの思いや、熱が、伝わっていたはず」

 

と語り掛けるあよさん。

 

 

そして、3人全員に、

ゴールは体を重ねた先にあることを伝えます。

 

 

あよさんから電話を受けて、

大丈夫だとは思いながらも気になった英馬さんは、

彼女のもとに向かっていたのでした。

 

 

やっとの思いで、

あよさんから電話があった場所に行くと、

あよさんをまるで女神のように扱う男性3人の姿が。

 

 

もしかして、強姦されてしまったのではないか思う英馬さんに、

あよさんは、

 

「あなた以外の男に抱かれたら、私はきっと生きていません」

 

と、目線は遠くを見ながらも、はっきりと伝えると、

緊張と疲れのあまりその場で眠ってしまうのでした。

 

マスクをしてるあよさんの横顔が、

一瞬、昔の美しいあよさんに見えたような気がした英馬さん、

彼の中も少しずつ変わっていくのが感じられます。

 

⇒まんが王国


⇒愚者の皮:第10回・英馬の決意

⇒愚者の皮:第8回・春の疼き


 

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

このページの先頭へ