愚者の皮:第10回 英馬の決意 ネタバレ

 

《 心の成長の10回 》

 

英馬さんは、最近自分に、ある変化を感じていました。

なぜか、日常のちょっとした光景をいとおしく感じたり、

感動してしまうのです。

 

その理由を探るように、

あよさんをメールで呼び出し、

一緒にディナーをすることにしました。

英馬さん、すごい心境の変化でびっくりですね。

 

ディナーを食べる際に、

マスクを外すあよさんを見ても、

英馬さんは前のような拒否反応がでません。

 

あよさんは、

彼がどうして自分に会いたいと思うようになったのか、

彼以上にわかっていました。

 

 

英馬さんの中には、

 

「困っている人をほおっておけない天使の面」と

「自分の美意識を満たさないものを平気でさげすむ面」

 

があり、それが人を惹きつける魅力でもあったのです。

 

 

しかし、あよさんを棄てたことをきっかけに、

その均衡が崩れてしまっていたことに気付き、

元の自分を取り戻そうとしていたのでした。

 

 

それ看破され、

更に「自己満足だ」とあよさんの口から言われた英馬さんは、

自分のことが見抜かれていることに

ショックと恥ずかしさと感じ、

逃げたい気持ちにかられますが、

それと向き合おうと、一生懸命戦う彼。

 

彼のこの姿を見て、あよさんは、自分に謝罪し、

彼が別の道を進もうとしていることに気づきます。

 

「あよ 今まで本当にすまなかった」

 

彼が言ったこの言葉で、

あよさんの心はとても軽くなりましたが、

同時にもう元には戻れないのだと確信するのでした。

 

「あたしの方こそ追いかけまわしてごめんなさい」

 

そう言い席を離れ、

雨の中歩くあよさんを追いかけてくる英馬さん。

 

 

「時間をくれ、君が苦しみの中で成長した分だけ、

自分も成長して君にふさわしい夫になる」と、

そして「今度は僕が君を追いかける」

 

あよさんをしっかりとみて言葉を伝える彼に、

あよさんは涙が止まらないのでした。

 

 

あよさんも英馬さんも負の連鎖から解放され、

これからどんな二人の物語がみられるのでしょうか。

とても楽しみです。

 

⇒まんが王国


⇒愚者の皮:第11回・旅路の果て

⇒愚者の皮:第9回・あよの誇り


 

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ