愚者の皮:最終話 言祝  ネタバレ

 

《 神話の二人の最終話 》

 

あよさんをかばって顔に塩酸をあびてしまった英馬さん。

 

螢神さんは、誤算ながらも、

夫の顔がただれて醜くなってしまい、

あよさんがどいう反応をするのか、

興奮し楽しくて仕方がない様子です。

 

イザナギとイザナミの神話の夫婦のように、

憎しみ合うことを期待していた螢神さん。

 

しかし、あよさんは、

英馬さんの塩酸でただれた傷を吸い出すように、

癒すようにキスをします。

 

その神々しいまでの姿に、

誰もが言葉を失うのでした。

 

 

その後、螢神さんが警察に捕まり、

蛭子川さん達の日常が戻ってきます。

 

 

英馬さんは、傷は治りましたが、

視力をなくし、あよさんは声を失ってしまいました。

二人は、失ったものよりも

一緒にいることを喜び、

その笑顔は、本当に幸せそうです。

 

残月さまからこのシェアハウスを

手伝うようにとやってきたウメさんは、

蛭子川さんの車いすを押し、

多くの人がこのシェアハウスで出会い、

そして旅立っていきました。

 

 

毎晩、語り合うシェアハウスのメンバーの中心には、

英馬さんとあよさんがいました。

 

そして、月日が流れるうちに蛭子川さんの病状は進行していき、

文字が書かれたボードを使って、

わずかな目の動きで、何とか会話をしている状況です。

このままウメさんへの自分の気持ちを伝えられないまま、

何もできなくなってしまうんだと思っていたところ、

あよさんが蛭子川さんの耳元で絞り出すように

 

「ことほぎ」

 

という言葉贈ります。

 

 

自分にもまだできることがあったことに

気付かされた蛭子川さんは、ウメさんに、

 

「感謝の言葉」と「愛している」

 

という気持ちを伝えたのでした。

時には、愛し時には憎しみ合いながらも、

ここまでたどりついた英馬さんとあよさん、

その二人の姿は、

まるで神話のイザナギとイザナミすらも越えた存在のよう。

 

二人が見つめあうラストは、

その存在がいつまでも永遠に続くと感じさせれるものでした。

 

⇒まんが王国


⇒愚者の皮:第11回・旅路の果て


 

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ