ココロ・ボタン 【宇佐美真紀】 ネタバレ・あらすじ 感想 無料試し読み

WS000210

 

漫画:ココロボタン
作者:宇佐美真紀
12巻/完結
全58話(番外編等も含む)

 

女子高生漫画の王道だと思います。

人気のある男の子を好きになり、

告白しOKしてもらい、

だんだん相手の男の子が

本気で好きになってくれるという

女性なら一度は憧れるストーリーではないでしょうか。

 

WS000211

 

途中古賀君の親友(有名な小説家)に

思われるなんていうのも夢がありすぎだと思います。

 

読んでいてニーナのドキドキする表情や、

優しくしたいのについ意地悪をしてしまう

古賀君の切ない表情に胸がキュンキュンしてしまいました。

 

自分の事よりいつでも自分に関わる人の

身になって行動するニーナに徐々に惹かれていく

古賀くんに納得できますし、

二人の恋を応援したくなり

最後にはすっかり自分がニーナに

なった気になって作品に没頭してしまう漫画だと思います。

 

ニーナと古賀君の家族構成も素敵で、

ほわんとしているニーナの事を

なんだかんだで大事に思っている妹との関係性や、

優しいけれど息子の将来のことをしっかり

考えている為ニーナに厳しい

古賀君のお父さんも

ストーリーの展開に大きな鍵を握っています。

 

自分の将来の夢が何より大切で、

最初は全く女の子に興味がなかった

古賀君が最後には夢と同じくらい

ニーナの事が大事になっていく。

 

本のページをめくる度にどうなっちゃうんだろう、

このままの二人でいられるのかなと

最後までハラハラしてしまいました。

 

こんなに素敵な経験はしていないけれど、

高校時代の淡い恋を思い出させてくれる漫画でした。
⇒まんが王国
ココロボタンで検索して下さい


⇒ココロ・ボタン:登場人物紹介


 

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

このページの先頭へ