ココロ・ボタン 1~12巻を読んでの感想 ネタバレ 無料試し読み

 

【ココロボタン1~12巻を読んで】

 

付き合うためのお試し期間という、

不思議な関係から始まった二人でしたが、

無事に大団円を迎えることができて、

本当に良かったです。

 

見られると思っていなかった、

プロポーズ場面も描かれ、

お腹いっぱいでした。

 

12巻、長いようで、

読み出すとあっという間でした。

中心は古閑くんと新奈ちゃんが

信頼を深めていく1年生と2年生の時期に

焦点が当てられています。

 

新奈ちゃんの純真で真っ直ぐで

可愛いところがいろんな行事や

事件によって少しずつ、

古閑くんに伝わっていく展開は、

つい応援したくなりました。

そして、二人が付き合うようになってから、

元カノが現れたり、

妹さんが古閑くんのことを

好きになっちゃったのか心配になったり、

古閑くんと親友の速水さんと

新奈ちゃんの三角関係にハラハラしたり

いろんな人を巻き込んで、

関係を深めてきました。

 

途中から、少し安心して

見ていられるようになると、

二人のラブラブ具合が見ていて、

少し恥ずかしいなって、

思ってしまったほどです。

 

 

物語は、結婚式で締めくくられますが、

きっとこのあと子供が出来るんだろうな、

何となく、

男の子と女の子の双子ができて、

それぞれ、

古閑くんと新奈ちゃんににていて・・・

なんてのその後を想像して、

笑みがこぼれてしまいます。

 

心があったかくなる恋が、

素敵だなと思える作品でした。

 

サイト内で ココロボタン を検索して下さい。
▼▼▼
無料試し読み ⇒ココロ・ボタン


ココロ・ボタン:番外編最終話


 

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ