ココロ・ボタン 第2巻9話 ネタバレ 無料試し読み

WS000212

 

【家庭教師の9話】

 

雨に濡れたふたりは、軒先で雨宿り。

古閑くんはまるで

愛おしいように

新奈ちゃんの頭をなでます。

 

 

彼の優しい視線と

頭を撫でられる手のぬくもりに、

顔が赤くなるのを感じる新奈ちゃん。

 

とってもいい雰囲気。

 

と思ったのも束の間、

新奈ちゃんが盛大にくしゃみ、

古閑くんは大笑いで、

あっという間にいつもの

雰囲気が帰ってきました。

 

 

新奈ちゃんは

彼に家まで送ってもらって幸せそう。

よかったです。

 

 

家に帰ると、

母親から家庭教師を

隣の朋宏(ともひろ)さん頼んだと言われる、

新奈ちゃん。

 

以前、隣に住んでおり、

朋兄ちゃんと呼んで仲良くしていて、

大学生になって戻ってくるから

ちょうどいいと話す母に、

自分にとっては初恋の人で、

相手にされなかったけれど、

ラブレターまで渡している人に

勉強を教えてもらうって、

と考え、新奈ちゃんの頭の中は

いっぱいになるのでした。

 

WS000211

 

学校で、古閑くんに会うと、

彼には言いづらいと思う新奈ちゃん。

 

結局言えずじまいでしたが、

塾で葵ちゃんに会った古閑くんは、

葵ちゃんから家庭教師の事を聞くのでした。

 

妹から古閑くんに、

自分が言えなかった

家庭教師の朋兄ちゃんの話が

伝わったことに動揺。

 

新奈ちゃんは、

急いで古閑くんに電話をかけ、

駅で待ち合わせします。

 

「ああ、好きな人だったんだってね」

と目線を外して言う古閑くん、

その言葉に新奈ちゃんは

 

「あっちはもうどうとも思ってないの

古閑くんが好きなのっ」

 

と半泣き状態で一生懸命伝えると、

「もう一回」と古閑くん。

 

古閑くんの意地悪が、

また始まりました。

「もーっ」と怒る彼女ですが、

可愛いなと古閑くんに頭を撫でられると、

その怒りもどこかに

飛んでいってしまうのでした。

 

家庭教師に勉強を教えてもらって、

成績が上がれば、

一緒に塾に行けるかもと話す古閑くん。

 

そのことに気づいた新奈ちゃんは、

がせんやる気に満ち溢れるのでした。

 

そして、和やかな雰囲気の二人のそばで、

メガネをかけた男性が

駅の改札から出てきたところで、

次回です。

 
⇒まんが王国
ココロボタンで検索して下さい


⇒ココロ・ボタン:第10話

⇒ココロ・ボタン:第8話


 

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ