ココロ・ボタン 【宇佐美真紀】 第8話 ネタバレ・あらすじ 無料試し読み 【雨とお試し8話】

WS000212

 

【雨とお試し8話】

 

新奈ちゃんが、

家に帰って葵ちゃんに話しかけると、

 

「あんたが悪い男に引っかかって、

家族に迷惑かけたら困る」

 

からと恥ずかし怒り顔で言う彼女。

 

そんな妹が、自分の事を思って

とってくれた行動に、

嬉しさを感じる新奈ちゃんを見て、

本当に誠実な人なら

「お試し」なんてせず

付き合ってるんじゃないと

葵ちゃんに痛いところを指摘されると、

納得せざるを得ないのでした。

 

 

新奈ちゃんは、部屋に戻って

そのことを考えていると、

古閑くんから電話です。

 

古閑くんは、家に戻ってからの

葵ちゃんと新奈ちゃんの雰囲気が

悪くなっていないかどうか、

心配になった様子。

 

気にしてくれていたことに

嬉しさを感じ、

彼に好きになってもらうために

頑張ると伝えるのでした。

 

そして、翌日、学校で、

以前恐喝を受けた特進クラスの

女子生徒、千堂馨子(せんどうかおるこ)

さんに声をかけられます。

 

古閑くんと付き合っていると思ったら、

それがお試しであることを知り、

自分と代わってほしいと言います。

 

新奈ちゃんは、激しく動揺。

 

それもそのはず、

彼女は才色兼備でその上、

社長令嬢だったからです。

 

なんとかしなければと、、

頑張って練習して作ったお弁当を、

屋上でいっしょに食べようと

古閑くんを誘います。

 

古閑くんも、とても嬉しそうと思った瞬間、

突風が吹き、

お弁当の下に敷いていたレジャーシートが

空に舞い上がり、校庭落ちてしまいました。

 

古閑くんが取りに行ってくれたのですが、

レジャーシートを拾った先生に

注意を受けてしまい、

彼に迷惑をかけてしまったと

責任を感じる新奈ちゃん。

 

それを見た千堂さんは

「彼の足を引っ張るなら離れて」

と新奈ちゃんに厳しい言葉をかけます。

 

WS000211

 

どう言い返していいのか迷っていると、

なんてタイミングでしょう、

そこへ古閑くんが通りかかりました。

二人のただならぬ雰囲気に声をかけますが、

千堂さんは古閑くんに告げます。

 

お試しでいいので付き合って欲しいと。

新奈ちゃんは気持ちを抑えて、

選ぶのは古閑くんだからと彼に伝えると、

彼は「いいの?」と

言葉を残して立ち去るのでした。

 

下校時、傘を持っていなかった古閑くんは、

千堂さんの持っていた傘に

一緒に入り帰っていきます。

 

その姿を見た新奈ちゃんは、

行って欲しくない気持ちでいっぱいになり、

気が付くと傘もささずに

ふたりを追いかけていました。

 

盛大に転びながらも、

古閑くんに

「古閑くんがすきだから、

迷惑になっても諦められない」と

自分の気持ちをしっかりと伝えると、

そのを受けて古閑くんは千堂さんに

「試したいの この人だけなんだ」と。

 

千堂さんより新奈ちゃんを選んだのでした。

 

そして、「好き」という言葉を

新奈ちゃんの口から初めて聞いたと、

少し照れた様な表情を浮かべる古閑くん。

 

雨に濡れながらも、

二人優しい時間に

癒しを感じるラストでした。
⇒まんが王国
ココロボタンで検索して下さい


⇒ココロ・ボタン:第9話

⇒ココロ・ボタン:第7話


 

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

このページの先頭へ