ココロ・ボタン 第8巻34話 ネタバレ 無料試し読み

WS000218

 

【不安な日々と修学旅行34話】

 

速水さんと別れて、

新奈ちゃんの家に向かいながら、

どこか気まずい雰囲気が

二人に漂います。

 

新奈ちゃんが、

泣いているのを見て、

古閑くんは

「こんな風になるなら、

もう頑張らなくていいよ」

と言います。

 

新奈ちゃんは、

古閑くんが、

どいう意味で

その言葉を口にしたのか

わかりません。

 

「この先、耐えられるの」

という古閑くんの再度の言葉に、

「頑張りたい」

と思っている新奈ちゃんは

「古閑くんのばか!」

と古閑くんに気持ちをぶつけると、

泣きながら走り去るのでした。

 

 

WS000211

 

 

家つくと、

古閑くんから留守番電で、

謝罪の言葉をききます。

「頑張れる」

「耐えられる」

と彼には言いましたが、

新奈ちゃんも、実のところは

自分の不安で寂しい気持ちを

どうしたらいいのか

わからずにいるのでした。

 

数日後、修学旅行で

京都行へやってきた新奈ちゃん。

古閑くんに

気持ちをぶつけてから、

彼の電話にも出れず

連絡もできない状態で、

元気が出ません。

 

友人が、

クラス行動で、

特進クラスも

まだ近くにいるから、

「古閑くんに会っておいで」

と促します。

 

勇気を出して、

あたりを走り回り、

古閑くんを探していると、

古閑くんも、

新奈ちゃんのことを

探していました。

 

「バスの集合時間まで、

あと5分だから」

と古閑くんは、

新奈ちゃんの手を引いて、

集合場所まで走り出します。

 

古閑くんと一緒に手をつないで、

いま一緒にいる幸せを感じると、

これからくる不安な未来より、

「今、隣に彼がいてくれる

ことを大切にしよう」

と思う新奈ちゃん。

 

明日、一緒に

観光地を回る約束をします。

当日、二人で観光地を回りながら、

古閑くんから

 

「新奈ちゃんが、

自分のことを好きで

いてくれるから、大丈夫だ」

 

とタカをくくっていたこと、

 

「これから進む道が違っても、

一緒にいたい」

 

としっかりと気持ちを伝えられた、

新奈ちゃん。

 

ゆびきりげんまんで

約束をすると、

今まで自分が抱いていた不安が、

解けていくように涙がこぼれ、

安心の笑みが顔に戻るのでした。

 

 

⇒まんが王国
ココロボタンで検索して下さい


ココロ・ボタン:第35話

ココロ・ボタン:第33話


 

 

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ