ココロ・ボタン 第8巻 番外編 ネタバレ 無料試し読み

WS000218

 

番外編は、それぞれのキャラクターの裏話4編で構成されています。

1つ目:中学生時代の古閑くんと速水さんの出会い。

中学校の図書室で作品を執筆していた速水さんでしたが、

かっこいい彼を、女子は放っておくはずもありあせん。
執筆中に、わらわらと寄ってくる女子に一喝すると、

声が大きかったのか、図書室から出入り禁止を言い渡されてしまいます。

 

しかし、女子が集まっていたのは、

古閑くんがいつもそこで勉強するからでもありました。
女子の相手が面倒で、

速水さんに女子を任せて帰ろうとしていたところ、この有様。

見かねて古閑くんは、速水さんに声をかけたのでした。

 

「お詫びに、書く場所を提供するよ」

 

と古閑くんの家に一緒に行くことになり、

二人の交流が始まったのでした。

 

WS000211

 

 

2つ目:谷くんと葵ちゃんのお話。

谷くんは、葵ちゃんが自分の高校を受験すると聞いて、

毎日お守りを渡していました。

 

葵ちゃんは、バチが当たると嫌だからといいながらも、

沢山のお守りを握りしめています。

 

しかし、運悪く受験当日、

風邪を引いてしまう葵ちゃん。

 

谷くんは、少しでも手助けになればと、

家から受験会場の高校まで自転車で送ることに。

献身的につくす谷くんの、がんばりの記録です。

 

WS000211

 

3つ目:ホワイトデーのお話。

ホワイトデーだから、

「何でもひとつだけ、好きなことしてあげる」

と古閑くんに言われた、新奈ちゃん。

何にしようか考えて、

「ハグしてもらう」ことを思いつきますが、

恥ずかしくえ言えず、彼に

 

「映画を見に行きたい」

 

と言ってしまいます。

映画を観て、

 

「本当に、これで良かったの」

 

と古閑くんに念押しされると、

恥ずかしがりながら、小声で本当の想いを伝えます。

 

「特別」

 

と古閑くんは、新奈ちゃんに、ハグ。

幸せなホワイトデーになったのでした。

 

WS000211

 

4つ目:新奈ちゃんの高校受験をひかえたお正月の話。

 

居間で楽しそうにしている家族の声をききながら、

必死で机にしがみつく新奈ちゃん。

部屋に入ってきた葵ちゃんに

 

「勉強の邪魔しないで」

 

と涙交じりに言うと、

 

「せっかくお年玉もらったのに、いらないのね」

 

との返事。

更に涙が出る新奈ちゃんでしたが、

翌朝、枕元にお年玉が置いてあり、

ホッとするのでした。

 

サイト内で ココロボタンを検索して下さい。
▼▼▼
無料試し読み ⇒ココロボタン


ココロ・ボタン:番外編【とまりん】

ココロ・ボタン:第37話


スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ