ココロ・ボタン 【宇佐美真紀】 第4話 ネタバレ・あらすじ 無料試し読み 【携帯電話といじわる 4話】

WS000210

 

【携帯電話といじわる 4話】

古閑くんから、

「このお試し付き合いの期限っていつ?」

と聞かれ、

ずっとこのままでいたいと

思っていた新奈ちゃんは、

想像もしていなかったことにガタブルです。

 

彼からは、

このままズルズルいくのもよくないので、

大体1か月くらいが

いいんじゃないかといわれると、

もうあと2週間しかないことに

焦りとショックに打ちひしがれる新奈ちゃん。

 

確かに、古閑くんのこの考え方には、

見ているこっちもびっくりです。

 

新奈ちゃんは、どうするのでしょうか。

学校で友人に相談すると、

押してダメなら、

たまには引いてみたらと言われ、

かなり危険な策だとは思いながらも、

試してみる新奈ちゃん。

 

本人もかなり我慢している様子で、

苦しそうです。

 

 

WS000211

 

 

メールも一緒に帰るのも我慢して

憔悴しきった彼女のもとに、

古閑くんから休みの日に

一緒に会おうという電話が。

 

たまらず飛びつく新奈ちゃんは、

ハート乱舞で古閑くんと会ってお茶をし、

二人の時間を満喫するのでした。

 

しかし、友人から結局全然「引けてない」

ことを指摘され、頭を悩ませていると、

「頑張ってね」とばかりに笑顔の古閑くんが

後ろから登場し通過。

 

すっかり古閑くんに

「押してダメなら引いてみる」

作戦はばれている様子です。

 

新奈ちゃんは、

自分の気持ちがわかっていて、

それ見透かして遊んでいる古閑くんに気づき、

本当にヒドイと感じ、

「絶対こっちから連絡しない」

と心に決めるのでした。

 

もうそろそろ彼女が限界なのではと、

彼女が憔悴仕切っている姿を想像し、

意地悪を楽しむ子どものような笑みを浮かべると、

新奈ちゃんへ電話を掛けようとする、古賀くん。

 

しかし、彼のバックの中に携帯はありません。

どうやら落としてしまったようです。

 

新奈ちゃんの家に行く古閑くんでしたが、

GW中だったこともありタイミング悪く、

彼女は親せきの家に行っていたため、

会うことはできませんでした。

 

 

新奈ちゃんは親戚の家から自宅に帰る車の中。

我慢しきれなくなり電話をしても

古閑くんが電話に出ることはなく、

もちろん彼からも連絡がなかったことで、

GWが明けて学校であったら

別れを告げられるんだろうと想像し、

涙が止まりません。

 

すると、

携帯に古閑くんからの電話がかかってきて、

「春日さんちの家の前で待っているから」と。

 

新奈ちゃんは、

なんで連絡くれなかったのかと

自分の不安な気持ちを吐き出すように

涙を流しながら、

古閑くんに伝えます。

 

 

すると、

古閑くんは本当に申し訳なかったと

気持ちを伝え、謝罪。、

 

新奈ちゃんを軽く抱きしめ、

「期限も嘘だから」と付け加えるのでした。

 

⇒まんが王国
ココロボタンで検索して下さい


ココロ・ボタン:第5話

ココロ・ボタン:第3話


 

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

このページの先頭へ